太陽が東へ沈むまで

毎日新しいこと発見。ネガティビスト脱却宣言。好きなものは全部繋がっていくと信じている凡社会人1年目がお送りします。

Dream Theater "A View from the Top of the World" レビュー(海外サイト和訳⑥:Rock 'N' Load Magazine)

原文(英語)はこちら。Dream Theater // A View From The Top Of The World // Album Review – R o c k 'N' L o a d

評価:9

10月15日、 Dream Theaterは15枚目のスタジオアルバム『A View from the Top of the World』をリリースするが、このアルバムはプログロッカーの喜びに満ちた作品だ。

6分間のクラシックから20分間の大作まで、Dream Theaterの全てを網羅した7曲が収録されており、あなたを驚愕させ、魅了する。オープニングの「The Alien」では、ドラム、ヘビーベース、リフの連打で始まり、クールなギター曲とそれを支えるドラムビートへと展開していく。

Answering The Call」はカッティングリフで始まり、クラッシュするドラムとヘビーなベースの伴奏に合わせて素晴らしいミニソロへと変化していく。この曲は非常にキャッチーで、素晴らしいギターワークが、同様に素晴らしいキーボードに負けず劣らず発揮されている。「Invisible Monster」はパンチの効いたナンバーで、キックの効いたドラムビートとファンキーなリフが特徴的だ。「Sleeping Giant」は、ベースの効いたトラックで、いくつかの素晴らしいクリスプ・リフとともに蛇行していく。ラブリエのダークなトーンのボーカルは、不吉な雰囲気を醸し出しており、それがルーデスのキーボードの浪漫とギターの前後の動きによって、より強調され、強烈なサウンド体験をもたらしている。「Transcending Time」では、グラムロックのリフと風変わりなキーボードが、太いベースライン、キレのあるドラム、メロディックで高揚感のあるボーカルの背景にあり、80年代に戻ったかのような素晴らしい仕上がりになっている。

Awaken The Master」では、重厚なベースライン、研ぎ澄まされたリフ、心を揺さぶるファンキーなキーボードが鳴り響き、インストゥルメンタル曲かと思ってしまうほど。タイトル曲「A View From The Top Of The World」は、Dream Theaterならではのアルバムの締めくくりとなる20分間の大作。きらめくギター、華麗なキーボード、叩きつけるようなドラム、太いベースラインが、ラブリエの伸びやかなボーカルによって結び付けられており、この曲を表現するには壮大というしかない。

私の意見では、これは長い間のDream Theaterのベストアルバムの一つです。

Dream Theater "A View from the Top of the World" レビュー(海外サイト和訳⑤:Markus' Heavy Music Blog)

原文(英語)はこちら。Review DREAM THEATER ‘A View From The Top Of The World’ – Markus' Heavy Music Blog

Dream Theaterは失望するようなアルバムをリリースしたことはない。しかし、他のアルバムに比べてよりエキサイティングなロングプレイがいくつかある。Dream Theaterの最初の3枚のレコードはマイルストーンであり、最新のロングプレイヤー『Distance Over Time』は、私にとっては、どんなに素晴らしいディスコグラフィーの中でも真のハイライトに属するものだ。

ニューヨークを拠点とするこのクインテットは、プログレッシブ・メタルの先駆者であり、多くのバンドに影響を与えた。この5人組が楽器とボーカルを使って行うことは印象的であり、最新のリリースは耳と心を楽しませてくれる。『A View from the Top of the World』は、Dream Theaterの最新ロングプレイヤーのタイトルであり、『Distance over Time』の偉大さを引き継ぐもう一つのマイルストーンである。

もともとDream Theaterは、『Distance over Time』と『Scenes from A Memory』の20周年記念ツアーを継続する予定だったが、パンデミックの影響ですべてが頓挫してしまった。じっとしていられず、スタジオとリハーサル場を兼ねたDream Theater HQを設置したバンドは、次のアルバムに向けて曲作りを始めることにした。タイトなスケジュールに追われることなく、クインテットは新しい曲を作るために余計な時間を使うことができた。唯一の課題は、シンガーのジェイムズ・ラブリエがパンデミックのために作曲中にカナダに滞在していたことだったが、インターネットとZoomのおかげで、物理的な距離があってもつながることができた。2021年3月には、シンガーはニューヨークに飛ぶことができ、検疫プロトコルを通過した後、この素晴らしいアルバムのボーカルを録音するための道が開かれたのだ。

アルバムの発売日に先立ち、2曲が公開されているため、すでに聞いたことがある人もいるかもしれない。すべては「The Alien」から始まる。この曲は、アルバムのリードオフ・ポジションにあるだけでなく、バンドが新しいロングプレイヤーのために最初に取り組んだ曲でもある。他の惑星を発見するというイーロン・マスクのビジョンにインスパイアされたこの曲は、私たちが宇宙を旅する者であり、それによってエイリアンになることを歌っている。音楽的には、この曲は完璧なオープニングであり、この70分から何を期待できるかを明確に示している。もちろん、Dream Theaterサウンドを変えていない。ファンが手にするのは、最初から最後まで100%Dream Theaterである。71分に及ぶこの作品からは、プログレッシブな曲構成、うまく配置されたひねり、ヘヴィネスとメロディの完璧な組み合わせを発見することができる。ソロパートは十分なスペースを取っているが、曲は常に、ボーカルを挟んだ過剰なソロの断片よりも曲であることに変わりはない。

Dream Theaterの曲は通常3分で終わるものではないが、今回のロングプレイでは壮大な長さの曲が収録されている。「Sleeping Giant」では、素晴らしいサウンドスケープペトルーシの歌うようなギター、そして完璧に仕上げられたヴォーカルが特徴的だ。この曲には映画のような表現があり、ラブリエの歌を聴くと、まるで歌い手のストーリーテラーを聴いているような印象を受ける。

しかし、ベストトラックはアルバムのエンディングに用意されている。それは、グランドフィナーレを飾る20分のタイトルトラックだ。もちろん、 Dream Theaterは、このような長さの壮大な曲を書く方法を知っている。しかし、「A View from the Top of the World」は特別だ。この曲の歌詞は、人々がアドレナリンを出すために峡谷をスラックラインで渡ったり、その他のクレイジーなことをして、これまでにないほど生き生きとした気分になることについて歌っている。この曲は、この歌詞のコンセプトを音楽に置き換えたものである。生き生きとした鼓動感のある曲で、魅了される。穏やかでリラックスした中間部は、ヘビーな爆発と同じくらい素晴らしく、中間部を聴いていると、アルバムには伝統的なバラードが付いていないことに気付いた。これが「A View from the Top of the World」の強みだと思う。Dream Theaterは、このスタイルの要素をまだ利用しているが、それを単独ではなく、曲の中に織り込んでいる。

要約すると、「A View from the Top of the World」はDream Theaterの待望のニューアルバムであり、100%期待に応えている。Dream Theaterは、彼らが支持するすべてを提示している。このロングプレイは、多くの友人やファンを見つけることができる、2021年のワウ・モーメントとなるような、あっと驚くような良い作品である。

★★★★★★★★★☆

Dream Theater "A View from the Top of the World" レビュー(海外サイト和訳④:Prog Report)

原文(英語)はこちら。Dream Theater - A View From The Top Of The World (Album Review) - The Prog Report

プログレッシブ・メタルの巨人、Dream Theaterは、14枚目のスタジオ・アルバム『Distance Over Time』と20周年記念作品『Scenes From A Memory』を携えて、2020年までツアーを行う予定だった。しかし、Covid-19パンデミックの発生により、その計画は大幅に変更され、すべてのツアーは中止となった。しかし、Dream Theater HQの建設が完了したことで、バンドは15枚目のスタジオ・アルバム『A View From The Top Of The World』の制作とレコーディングに最適な環境を得ることができた。このアルバムでは、7曲の多様なスタイルと新しいサウンドが融合し、ファンが期待する新鮮でありながら非常に親しみやすいサウンドが実現されている。

Dream Theaterのような長いキャリアを持つバンドは、常に自らの巨大なレガシーに対して評価される。新しいアルバムのサウンドは、これまでの作品と違っているのか、それとも似ているのか。彼らは同じことを繰り返しているだけなのか、それとも新境地を開拓しているのか。それとも、それが重要なのだろうか? まあ、誰に聞くかにもよるが、答えはこれらのうちの1つまたはすべてにイエスだ。しかし、最終的には、曲は良いものであり、これは良いアルバムなのでだろうか?それを探ってみよう...。

ネタバレ注意

もう多くの人がオープニング・トラックであり、オンラインで初めて公開された「The Alien」を聞いているだろう。9分間のメタル・モンスターであり、この音楽の饗宴の完璧なオープニングとなっている。冒頭のマンジーニのドラム・フィルから、ノンストップで続くギターとキーボードのソロ、マイアングの強力な基盤、そしてラブリエのヴォーカルまで、この音の壁は心地よく、親しみやすく、そして素晴らしいものだ。メタル・サウンド・エンジニアの伝説的存在であるアンディ・スニープが加わったことで、Dream Theaterサウンドがこれまで以上に良くなったことは一目瞭然だ。これは、全体的な経験を新たなレベルに引き上げる、幻想的なマッチアップだ。アルバム2曲目の「Answering the Call」は、最初から安定したグルーヴ感があり、ラブリエのヴァースとコーラスが輝いている。そして、ペトルーシとルーデスのソロで曲が盛り上がり、元のグルーヴに戻って曲が終了する。2枚目のシングル「Invisible Monster」では、繰り返されるメロディーラインが、様々な楽器によって曲中で共有され、披露されている。「Untethered Angel」、「On the Backs of Angels」、「A Rite of Passage」など、これまでのシングル曲と同様に、バンドはサビの強いメロディとメインリフにリードさせ、贅沢な演奏はアルバムの次の曲などに任せている。

Sleeping Giant」は、映画のようなミニ・エピックで、10分で構成されている。ペトルーシのオープニング・リフから中盤のブレイクダウンまで、この曲はリズム・フックとアンセム的なメロディー・ラインのバランスが取れている。また、前述のSFMに敬意を表してか、ルードスは「ラグタイム」と呼ばれる短いピアノのパートを復活させている。この曲では、マイアング、ペトルーシ、ルーデスの高速でテクニカルなユニゾン・ランとリフが使用されており、この曲の旅をエキサイティングで新鮮なものにしている。次の曲は、アルバムの中で最も短い曲だ。アップビートな「Transcending Time」は、アルバムの中でも特にバランスの取れたボーカルと印象的なコーラスを含んでいるが、ブリッジとソロの部分では、再び期待を裏切ることはない。Rushの影響がここにも表れている。

次の曲は、ジョン・ペトルーシのギターラインに新たに加わった、彼のシグネチャーである8弦のアーニーボール・ミュージックマン・マジェスティの開発を追っている人にとっては楽しみな曲だ。「Awaken The Master」では、高度なグルーヴ感のあるリフが、マイアングとマンジーニの土台に完璧に絡み合っている。この曲では、新しい音域によってダークなトーンになっているが、ペトルッチのスタイルであることは間違いない。アンディ・スニープの腕前は、拡張されたレンジをパワフルでクリアなサウンドで表現し、マイアングのチョップがはっきりと切り抜けることを可能にしている。この8弦の世界への挑戦は、創造性の新たな扉を開いたのかもしれない。今後の作曲の可能性が楽しみだ。そして、いよいよアルバムの目玉である壮大なタイトル曲の登場となる。

Dream Theaterは、アルバムを締めくくるためにプログの長い叙事詩を作りたいという特別な意図を持っていた。この野心的なトラックは、すでに優れたアルバムの完璧なエンディングをもたらしている。オーケストラをバックにリズムセクションシンコペーションの効いたリフを聴かせる冒頭部分。最初の3分間、Dream Theaterは彼らをユニークで愛されているインストゥルメンタルの良さを提供しています。最初のヴァースとコーラスでは、ラブリエのヴォーカルが楽器の中で完璧に調和し、スイートスポットとなっている。2番目のセクションでは、マイアングのベースラインが確立され、2番目のバースでは全く異なる基盤が作られ、おなじみのコーラスが戻ってくる。続くブレイクダウンのセクションでは、いつものように交互に繰り返される変拍子を、複雑なエフェクトと最高のスキルでバランスよく表現し、バンドのプログレッシブ性を最大限に発揮している。ここでは、彼らのスキルが低下していないだけでなく、それどころか、相変わらず素晴らしく、ゲームの頂点にいることを示している。このインストゥルメンタルの力強さに続いて、ブレイクダウンではアルバムの中で最もバラード的な部分があり、ラブリエのボーカルとペトルーシのソロによるアンセム的なメロディーはまさにクラシックだ。そして、最後の6分間は、より多くのインストゥルメンタル・テクニカル・マスターで満たされ、最後のヴォーカル・ヴァース、そして壮大なエンディングを迎える。この壮大な曲が終わると、あなたは息を呑むことだろう。「Octavarium」のファンにとっては、最高の伴侶となるだろう。

A View From The Top Of The World』で、Dream Theaterは永遠の偉大なバンドとしての遺産を継承し続けている。彼らの長寿と多作は賞賛され、尊敬されるべきものだが、Dream Theaterはまたしても成果を出しただけでなく、2021年のトップアルバムの1つを作った。今年、山のようにリリースされた素晴らしい作品を考えると、プログ界の頂点から見たDream Theaterの景色は、これまでと同様に壮大なものとなるだろう。この眺めをお楽しみに。

Dream Theater "A View from the Top of the World" レビュー(海外サイト和訳③:Tuonela Magazine)

原文(英語)はこちら。REVIEW: Dream Theater - A View From The Top Of The World - Tuonela Magazine

Dream Theaterの歴史は非常に長く、彼らはプログメタルの帝国軍とも言える存在である。彼らは、Fates WarningやQueensrycheといった数組のバンドとともに、はるか彼方の銀河系で、プログメタルというジャンルの最初の枠組みを作ったと言っても過言ではない。1989年のデビュー・アルバム『When Dream and Day Unite』は、スピード・メタルの若造である私を含め、多くの人々の音楽的世界観の根幹を打ち砕いた。アルバムを出すたびに、その目新しさは少しずつ薄れていき、今ではプログレ通の間では、音数の多さや、ネット上の真実委員会がバンドの弱点とみなしているジェイムズ・ラブリエのボーカルなど、プログレのアウトフィットの一つとして嫌われている。確かに、このバンドのバックカタログには、50年に渡るキャリアを持つ他の高齢者バンドと同様に、山あり谷ありである。例えば、2016年に発表された『The Astonishing』は、それほど驚くような内容ではなかったが、続くフルレングスの『Distance Over Time』では、バンドは着実に軌道に乗った。2021年10月22日にInside Out Musicからリリースされる15枚目のアルバム『A View From The Top Of The World』のリリースを前に、Dream Theaterは8月にアルバムのオープニング曲「The Alien」のミュージック・ビデオを、9月にはトラック「Invisible Monster」のミュージック・ビデオを公開した。この2つのティーザーだけを見ても、このアルバムが待ち遠しいものであることがわかる。

オープニング・トラックの「The Alien」は、 Dream Theaterのおなじみの要素がすべて詰まった、9分間のフル・ティルト・プログレ・メタル・ブギーだ。この曲には、「マペット・ショー」のスウェーデン人シェフのように、空気を容赦なく切り刻むオフビートのリフがふんだんに使われている。このリフは、摩天楼のようなメロディックなパッセージとのバランスが取れており、このプログレのレジェンドたちは、この金庫から何度も盗み出しているので、そのやり方を確実に知っている。このバンドが、まるで「銀色のスーツを着て動作をこなす」かのように音の魔術を実行したことがあるとすれば、今回はそのような時ではない。パンデミックに明るい兆しがあるとすれば、それはバンドが自分たちのゲームを引き出すきっかけになったということだろう。「The Alien」は、Dream Theaterが過去20年間に発表した曲の中でも、間違いなく最高の1曲だ。8月の最初の感想が、「これがニューアルバムの基調となるなら、かなり良いものになるだろう」だったのは私だけではないと思う。その通りになった。

2枚目のシングル「Invisible Monster」は、もう少しまろやかなミドルテンポの曲で、歌詞は世界の精神状態を言い換えており、不安を「いつも感じているが決して見られない」内側から取り憑く見えない怪物として描いている。このテーマを考えると、ミュージックビデオの登場人物の一人が、1957年のイングマール・ベルイマン監督の映画『Seventh Seal』に登場する人物に似ているのは、まったくの偶然ではないだろう。つまり、映画史上最も象徴的なシーンの一つであるチェスで主人公が対戦する「死」を描いたキャラクターだ。この曲のメインモチーフは、映画のような雰囲気を醸し出しており、リフは激しくパンチしている。

アルバムのシングルトラックに挟まれたもう一つのリフオリガミは、バンドのソングライティングペンのインクが非常に崇高な状態であることをさらに証明している。「Answering The Call」では、シンコペーションの効いた力強いリフが鳴り響き、音楽に合わせて足をシャッフルしたくなる衝動に駆られる...複雑なリズムパターンを理解したら、だが。この曲のフックは、「Ytsé Jam」や「Panic Attack」、「Gift of Music」など、昔のDream Theaterの名曲の血統書付きリフと同じくらいキャッチーだ。このリフを繰り返し聴いていると、いつまでも止まらなくなってしまう。

時代の流れなのか、それとも私が変なものを聴いているということなのか、はっきりとは言えないが、最近、音楽の中に繰り返し出てくる、どこかユング的なテーマに気づいている。それは、ジャンルを問わず、あちこちに現れます。Dream Theaterのこのテーマは、「Sleeping Giant」で表現されている。この曲は、自分の人生をより完全に生きるために、自分の暗黒面、内なる影を受け入れることを意味している。それにふさわしく、この曲は、邪悪なサーカス音楽の空気で共鳴する、迷宮のようなリフの長いイントロで始まる。曲の後半では、キーボード奏者のジョーダン・ルーデスがホンキートンクピアノとハモンドB3オルガンの腕前を存分に発揮し、さらにひねくれたキャバレーの雰囲気を醸し出している。自分の影と向き合うことは、まるでサーカスの余興のような現実を目の当たりにして、ババアのように目覚めることなのかもしれない。

このアルバムにはバラードはない。「Transcending Time」の詩は、1980年代のハードロックのソフトな美学に彩られているが、そのメロウな部分と、かなりの量のヘビーなリフとのバランスが取れている。続く「Awaken The Master」でも同じことが言える。後者はより自由なシュレッドと、著しくヘビーなリフが特徴的。要するに、この2つのトラックは、私たちがこのバンドに期待することに慣れている、まさに音のジェットコースターのようなものだ。

このアルバムは、少なくとも1つのクレイジーな大曲がなければ、本物のDream Theaterのリリースとは言えないだろう。最も短い曲でも6分を超えており、ある界隈では壮大な曲にふさわしい長さとみなされているかもしれない。タイトル曲の「A View From The Top Of The World」は、20分かけて音の旅を締めくくる曲だ。この曲は、本物のプログレの大作がそうであるように、アドレナリンが出るようなギターのリフから瞑想的なピアノのシーケンスまで、感情の全スペクトルをカバーする、非常に包括的なリスニング体験である。

Dream Theaterによると、世界の頂点から見た景色は、かなり素晴らしいようだ(正確には、音だが)。ニューアルバムは、これまでの彼らの作品の中でも、間違いなく最高傑作の一つである。「嫌いな人は嫌い」という言葉があるが、プログレ・エリートの人でも、この作品をチェックすれば、32歳のプログレダイナソーの元気さに驚くかもしれない。このバンドには、創造性が停滞している様子はない。『A View From The Top Of The World』は、音楽の名人芸と感情が見事に融合した作品だ。これは、このバンドの熱狂的なファンではない人からすれば、かなり重要なことだ。

Written by Jani Lehtinen

Dream Theater "A View from the top of the World" レビュー(海外サイト和訳②:Metal Symphony)


原文(スペイン語)はこちら。Dream Theater: A view from the top of the world | Crítica

プログレッシブ・メタルの巨人ー1,500万枚のレコード売上、40年間で15枚のスタジオ・アルバム、2度のグラミー賞ノミネートーによる新しいスタジオ・アルバムが、10月22日にリリースされる。

Rolling Stone誌では「新境地を開拓したバンド」、Revolver誌では「何世代にもわたってファンを魅了し、何十人もの影響力のあるミュージシャンに影響を与えたバンド」、Classic Rock誌では「現代プログレメタルの紛れもないチャンピオン」と評価されている。

前作『Distant over Time』から約3年後、北米出身の彼らは新しいスタジオ・リリースを発表した。彼らは最近、雪崩のようにYtsejamレコードのカタログからアーカイブ・レコーディングを提供してくれているが、今回はリマスターされてInside Out Musicからリリースされ、彼らの忠実なフォロワーのための投資となった。

A View from the Top of the World』でDream Theaterは、『Images and Words』(1992)、『Falling into Infinity』(1997)、『Six Degrees of Inner Turbulence』(2002)、『Train of Thought』(2003)、『Systematic Chaos』(2007)、『Octavarium』(2005)、『Black Clouds & Silver Linings』(2009)、『Dream Theater』(2013)などのアルバムに見られるような、これまで使われてきた構造的なトラックリストのフォーマットを回復した。

そして、このアルバムを聴いた後、私たちは、彼らが安全な賭けをし、リスクを冒さず、自分たちの快適な範囲内で作曲し、演奏し、この種の作曲がすでに必要としている複雑さで、自分たちを再発明し、起源を明らかにする新しい創造を促進していることを確認することができる。

当然、曲の長さは8分から10分程度で、例外的に組曲は22分にも及ぶ逸品だ。このアルバムは7曲で構成されている。ジョン・ペトルーシのプロダクションは、明らかに私たちが慣れ親しんだサウンドに忠実で、クリスタルのように華やかである。

しかし、このアルバムは、さらにジェームズ・"ジミー T"メズリンがエンジニアリングとプロデュースを行い、アンディ・スニープがミックスとマスタリングを行っている。 『A View from the Top of the World』は、パンデミックの影響もあってか、ニューヨークにある彼らのスタジオ(DTHQ-Dream Theater Headquarters)で初めてレコーディングされたという珍しさがある。

本作のアートワークは、これまでも一緒に仕事をしてきたヒュー・サイム(Rush、Fates Warning、Saga、MegadethAerosmith、Iron Maidenなど)が担当している。ジャケットは、ノルウェーにあるシェラーグボルテンという実在の場所に着想を得ている。この場所は、山の側面に彫られた巨大な岩が、地上から約1,000メートルの高さに吊り下げられている場所だ。

このアルバムの一般的なラインでは、曲はメロディーの連続であり、多くの場合、明確で華麗なコーラスはない。テクニック、リフ、ミュージシャンの組み合わせ、シンクロ、多数のニュアンス、無限の創造性......つまり、 Dream Theaterをユニークにしてきたすべての要素だ。

簡単で即効性のあるアルバムではなく、聴けば聴くほど質が上がっていくアルバムであり、知れば知るほど尊敬の念が湧いてくるアルバムの一つだ。バンドを愛する人たちにとっては何の問題もなく、詰め物や余分な部分のないアルバムということになる。

この新作は「The Alien」から始まる。前作の古典的なパターンを踏襲しており、前作とは多くの関係がある。メタルとテクニックの純粋な状態で、多くのニュアンス、楽器の完全な配置、強調された同期、Dream Theaterが常に表現してきたすべてのものがある。

Answering the Call」では、エレクトロニック・アレンジメントやダブル・ヴォイスの扱いなど、最初から感じられるより革新的な側面が導入されている。キーボードワークは曲全体を通して激しく、注目に値するものであり、ドラムも同様に、リズムが常に変化している。

Invisible Monster」は、彼らのアルバム『A Dramatic Turn of Events』(2011)に収録されている「Outcry」の流れを汲みながら、少しずつ加速していくような形で始まる。この曲は、『Metropolis Pt.2』(1999)の瞬間を彷彿とさせるような、ゆったりとした雰囲気の曲で、ファンの皆さんにはお馴染みの曲だ。

Sleeping Giant」はいくつかの段階を経た曲で、楽器の展開が優勢で、ジョン・マイアングのベースが他の曲よりも目立っているが、他の楽器も同じレベルで、複雑で全く商業的ではない曲で、複雑な楽器パートの愛好家を喜ばせることだろう。

Trascending Time」は、おそらくアルバムの中で最も商業的な曲の一つで、ポジティブなトーンで、Rushのサウンドを明確に参照しており、常にメロディーを優先し、リフのトーンを下げ、同時にキーボードにスペースを与えている。

そして、「Beyond This Life」や「The Dark Eternal Night」のような強いリフのテーマを見逃していたら、ここでは「Awaken the Master」の始まりがあり、ピアノとペトルーシの深みのあるソロによって和らげられている。ここからはテーマが変わり、声が曲をマセている間に、リフの力強さの前にキーボードが主役となる音色に入る。

この時点で、世界の頂点からの眺めの素晴らしいスイートルームに入る。天才的なのは、彼らが「Octavarium」や「Illumination Theory」を作ろうとしているのではなく、音楽的に異なるアプローチで組曲を作曲することができたことにある。

22分という時間の中で、様々なことができる。生き生きとした瞬間、名人芸の瞬間、ゆっくりとした瞬間、ジョン・ペトルーシの優れたソロのためのスペース、ジェイムズ・ラブリエの優れたヴォーカル・ライン、要するに、このバンドが歯車の揃った動く機械であることをもう一度証明することができる。

しかし、これらはすべて連続したストーリーラインの中にあり、頻繁に風景が変わります。この組曲は、聴き手が最大限に活用するために頻繁に聴くことを誘うものであり、最初に聴いたときには強烈な楽しさがあり、一緒にいることは不可能で、学ぶにつれて重要な作品になっていく。

ミュージシャンについては何と言っても、ジェームズ・ラブリエは快適なレベルで歌い、アグレッシブさよりもメロディックな音色を優先し、適切なタイミングで到達できるハイトーンに向かう。マイク・マンジーニのドラミングは、彼の高いクオリティーにマッチしている。私はポートノイを懐かしむ者ではないが、2人は全く異なり、どちらも並外れている。

ジョン・マイアングはいつものように高いレベルにあり、音楽的にも素晴らしく、彼の個性の慎重さに反してベースの突出した部分が目立つ。ジョーダン・ルーデスの影響力と貢献度は、最近のアルバムでは重要性を増しているが、このアルバムでもそれは変わらず、キーボードのレイヤーとソロパートの両方で大作を残してくれた。

ジョン・ペトルーシは非常に明確だ。彼はリーダーであり、バンドをリードしている。彼のギター演奏の質の高さには疑問の余地がない。最近のソロ作品『Terminal Velocity』(2020)や『Liquid Tension Experiment 3』(2021)に見られるように、技術的にも作曲的にも、現在最も優れたギタリストの一人だ。

Dream Theaterは、これからも彼らの歌を楽しむために、私たちに新たな音の石を残してくれた。音楽的にもプロット的にも異なるコンセプトを持つ『The Astonishing』を除き、前作の自然な流れに沿って、明らかにレベルが維持されている。

結論から言うと、自分が作っている音楽に魅力を感じなくなってバンドを辞めた人は、その立場のままだ。そして、今日まで彼らのアルバムを楽しんできた私たちにとって、また新たな作品を楽しむことができる。