太陽が東へ沈むまで

毎日新しいこと発見。ネガティビスト脱却宣言。好きなものは全部繋がっていくと信じている大学生がお送りします。

マティーニ会をしてきた

19日に学生としてやることがほぼ終わり、大学関連の催しも卒業認定発表と卒業式を残すのみという、ようやく苦しみから逃れられた私でございます。

そして、2ヶ月ほど前に後輩くんからやりましょうと誘われてたマティーニ会が昨晩開催されました。グッドタイミング。彼は本格的なバーをいくつか回ってマティーニの飲み比べをしたかったのだそう。俺もマティーニ大好き人間なので、お互いの目的が一致したわけです。
多忙の合間に連絡を取り、それぞれ行きたいバーの候補を挙げました。俺は今住む街のバーはカジュアルなものしか行ったことがなく、調べていくといろいろ面白い店があるんだなーと、また一つ勉強になった。6軒ほど候補を出し、酒関連に詳しい彼も9軒ほど提示してくれたので、その中からひとり3軒ずつ行く店を選び、流れをざっくり決めたところで当日を迎えました。書き残したいだけなのであまり読み手には喜ばれないまとめ方ですがご容赦を。

結論から言うと、6軒全て回れず無念のフィニッシュ。制限時間なし、課金限度なしの好条件の中で、やはり最後は自分の体力がカギになってきますわな。後輩くんがキツそうだったので、休憩のつもりで入った寿司チェーンの味噌汁がシメになってしまいました。わしはビール頼んで寿司2貫と味噌汁頼んでたけど、よう食えたな。美味かった。しかし「潰れたらおしまい」の世界。時間があろうが金があろうが、資本の身体が追い付かなくなれば歩みを止めねばならん。彼も「この日のために体調万全に整えてきたんですけどね…すいません」と詫びていた。俺は彼に対して笑顔でそういう日もあるよ、また次の機会に残りを回ろう、と勝者の素振りを見せてしまっていたが、多分ネクスマティーニでノックアウトされてただろうというのが分かる。酒は裏切らないが、自分自身が裏切ってしまうのだ…。凄く身に沁みました(酒が)。

3軒回ったのですが、どのバーも雰囲気や特徴が全く異なっていて2人して良いチョイスだったな〜と。
最初の店は多くが思い描くバーのパブリックイメージそのままに、闇に近い照明とスーツを着たマスター、その後ろに並ぶ酒のボトル群、そして心地よいジャズが流れ静かにカウンターで…という素晴らしく雰囲気酔いしそうなところでした。思わず声を潜めてしまい、言葉遣いも丁寧丁寧丁寧になってしまうよ。下品寄りの人間からしたら少し格式高いと思ったけども、お酒作りのこだわりが美しくそれを見るだけでもまた行きたいと思わせてくれる店だった。マスターの話、家では人工甘味料の入ってないストロングゼロを飲むとか、自分が同じレシピで作ったのを飲んでも美味しくない(他人が作るから美味しい)とか、わかりみ〜〜〜と思いながら耳傾けてました。熱心に質問してくれた後輩よありがとう。それと、氷が超重要だと伝わってきたのが、団扇で扇いでいたときですね。溶け具合で風味や味覚が変わるのは知ってましたがあまり実感したことはなく…それをまざまざと体験した。サービスでバーボンのロックを少しずつ、混ぜ方を変えた2つ用意していただき、飲み比べてみると全然違う!あっさりかき混ぜたものはすぐに風味が口に広がるんですが、がっつり混ぜた方は喉に残る感じというか、口当たりも良くずっと楽しめる。はぁなんだこれ?でしたね。もう一つ、サービスで頂いたサンブーカという薬草酒。これが俺の口の中で革命を起こしましたね。リキュールグラスにサンブーカとコーヒー豆を入れて、着火させた後に飲むという。強いお酒なんですが、コーヒー豆の風味を味わいながら、また深いとろみのある酒の薬草の香りも相まって気になる酒になってしまいました。そういえば、灰皿の中には豆の出涸らしを敷き詰めてたのもいとをかしでした。最初のバーがここで良かった。街中のバー情報が載ったパンフレットやマッチ箱も頂いて至れり尽くせりでした。1時間半も長居してしまった。マティーニとスコッチのロックを一杯ずつ。後輩は次の店へGo。

2軒目は地下に降りた先にあるバー。先程とは打って変わり、明るめの店内はカウンター、それと奥に多めのテーブル席が取られていて、また毛色が違って面白い。オープンしてすぐ行ったので一番乗り。といってもど平日の浅い時間には後客も来ず。快活なマスターに上品な女性のエスコート講義をしていただき笑、味噌漬けの生ハムを食べながらマティーニを。1軒目のマティーニは後輩的には甘い感じだったそうだが、俺は少しキリッとして好みだったな。2軒目のは…もう思い出そうとしても味が出てこない。鼻に抜ける感じだったかな?辛口でも軽めに作られていた。ここでもそれぞれマティーニとウィスキーを2杯ずつ頂き、3軒目へ。ここまでは順調。

このときはまだ5合目くらいの余裕で山頂まで行けそうだったんですが…。3軒目。地下のバーですが、バーらしくないと言ったら失礼かもしれないけど、店内の雰囲気は一番好きなタイプ。アメリカナイズされた雰囲気で、L字状にぐにゃーっと曲がったカウンターもポイント高かったしTHEウエスタン酒場といった風情。カウボーイハットとかあればモロでしたね。壁と天井にはこれまで来たお客さんの名刺が貼ってあり歴史も感じる。視覚的にも楽しめた。が、後輩はマティーニを一口飲んだところでギブ。残りを俺に譲り、先に外の空気を吸ってくると退出。30分くらいしか滞在しませんでしたが、ここもまた行ってみたい。…4月以降もこの街にいたくなっちゃうなあ。6年間いて、こんなに悩むの初めてだ。笑

決めたルートの半分しか行けなかったけど、バーの楽しみは十分味わえた。知ったとは言わないが、分かっただけでも収穫あり。それぞれの作り手によってマティーニの味も違うし、酒をナメてたな、と。飲んできた量はめちゃくちゃ多いのに、銘柄や飲み方の面は気にしなかったのが悔やまれる。100%楽しめてなかったなー。好きなものなだけに余計悲しい。少しずつ知っていこう。音楽も歌詞を考えるって行為をおざなりにしてきたので、勿体無くない楽しみ方を追求していきます、これから。

今週の新譜(1/19-1/25)

大学の試験や卒論関連で忙しいので、聴いたものだけあっさりまとめておきます。縦長になっちゃうから、記事の構成どうしようか悩んでます。そして2週遅れてます。個人的な備忘録なんで納期とかないし焦る必要はないんですが、決めたことはやり抜きたい!







【F / フジファブリック

F - フジファブリック


10th。"破顔""東京"でうるっときちゃうんだよ。前者はエモーショナルの総さんのボーカルに、後者は間奏のアジアを感じるストリングスと切ない歌詞に、ぐっとくる。15年目のフジの決意。志村さんはいないけど、間違いなくいるんだと分かる1枚。表情豊かで遊び心あるってのは3人体制になっても相変わらず。志村さんが敬愛していた奥田民生ユニコーンの系譜である。"Feverman"阿波踊りリフ、金澤さんのシンセリフが引っ張る"High & High"はポップに暗さが散りばめられていい感じ。割と普遍的なJ-POPの展開と思いきや捻くれたメロディだったり人を食ったような歌詞が出てきたり、一筋縄ではいかないのがこのバンドの醍醐味ですね。志村さんいなくなって離れた人にも聴いてほしい。

Weezer(Teal Album) / Weezer

Weezer (Teal Album) - ウィーザー


泣きロックバンドのカバーアルバムでございます。一応12thですが数えていいのかね。3月にBlack Albumが出ますが、その前にサプライズリリースということで楽しませてくれますね。選曲がものっそいベタなのもグッド。TOTO"Africa"カバーは本家が反応してくれて、お返しに"Hash Pipe"をカバーしたって一連の流れが粋で好き。楽しんでるおじさん達かわいい。他はTears for Fearsやa-ha、ELOといったポップ、ロック系統バンドのカバー、Black SabbathMichael JacksonTLCなどの超有名どころの有名曲をほぼ完コピでやっちゃってる。原曲聴き比べとかしなくていいです、そのまんまなので。にやりとしながら聴けるんじゃないでしょうか。オジーの真似するリヴァースwあの深いエコーもしっかりとやっとりますよ。

Force of Nature / Cody Carpenter】

Force of Nature - Cody Carpenter


映画監督Jon Carpenterの息子さんのインスト作。シンフォニックと流麗なギターに変拍子も交えつつ疾走感があってポジティブ。嫌味がないからずっと聴いてられるなー。

【The Goat / Puppy】

The Goat - Puppy


ニューヨークのグランジバンドのデビュー作。ジャケがピンクでグランジぽさはないが、キャッチーなハードロック寄りの古き良きグランジ。明るめ、叙情的でセンチメンタリティが高い。Ghostの中の人Tobias Forgeのような声でGhostっぽい歌メロなので、Ghost好きな方は是非一聴を。

【STRENGTH IN NUMB333RS / FEVER 333】

STRENGTH IN NUMB333RS - FEVER 333


ベースレスの編成ですがギターの圧でいなくても全然文句ない。hip-hop的なトラックもあり勢いだけじゃない。そらフェスで盛り上がるわなー。
インタビュー記事載せておきます。
世界を変えるべく生み出された"THE FEVER 333"という革命的アート。異色のハードコア、ミクスチャー・トリオが満を持して日本上陸! | 激ロック 特集

【Feral Roots / Rival Sons

Feral Roots - ライヴァル・サンズ


アメリカンロックバンド6th。毎度思うけどDave Cobbとの相性抜群すぎない?ゴリ渋いブルースやアメリカーナを持ち前とするバンドは彼と組んでほしい。ただ、amassで未だに「北欧メタルの雄」と枕詞をつけられているあのEuropeさんはJoey Tempestがブルースやりたくてここ2作起用してるんですけど正直クソなのでバンドを選びますね。
さて、本作も毎度のことながらレベルの高いブルースロック。リフと歌メロがしっかりしてたらそら安心です。サイケ風味が酒と合う。少し変拍子も入れつつVo.Jay Buchananが感情込めて歌い上げる叙情的な"Look Away"が気に入った。The CultのIan Astburyのような歌い回しですね。乾いた声質もIanを感じる瞬間がたまにある。

【Amo / Bring Me The Horizon】

amo - Bring Me The Horizon


メタルコアバンド6th。…もうメタルコアオルタナメタルって肩書きよりロックが似合うバンド。今作は更にエレクトロニカに接近。もはや初期の音楽性は跡形もなく…てわけでもなく。ハードなエッセンスはいくらか残しつつ、ポップでキャッチーな方向性へ。同じような辿り方したバンド、前にもいたなあ。あそこは元々ラップ歌う兄ちゃんとかDJいたから…。つい重ね合わせてしまう。The Guardian誌もアルバムレビューで『A Thousand Suns』と比較してますね。
Bring Me the Horizon: Amo review – 'It ain't heavy metal, but that's alright' | Music | The Guardian
ヘヴィーなロック、メタルバンドには世知辛い音楽シーンであることは間違いないので、流行りの音や売れる音にシフトチェンジするのは全然問題ないと思う。多分文句言うのは頭の固いファンだろうから、魂売ったとか酷いこと言われようが好きにすればいい。これからこの路線を突き進めていくのなら正直去るなら去れって層ですよ。実際"I Apologise If You Feel Something""Mantra"、Grimesが参加した"Nihilist Blues"の冒頭3曲の流れは激アツ。良質なポップソングとして、既に文句なし。比較的ヘヴィなのはCradle of FilthのVo.Dani Filthが参加した"Wonderful Life"。楽器隊が生音出してギターリフがあって、今風のエレクトロシンセが厚み出してシンガロングタイプ。上手く折衷されてる。Vo.Oliver Sykesのメロディセンスは抜群、やっぱりそのおかげでこのスタイルが生きて聴けるのよ。ただポップ畑に放り込まれたらいささか凡庸じゃないかとも感じる。"Medicine""Sugar Honey Ice & Tea""Mother Tongue"なんかも確かにメタルやってたよなーって片鱗を見せるリズムがマッチしてるし歌メロも売れるポップさがプンプンしていて、良くも悪くも本当に甘ったるい。エレクトロに寄り過ぎている感じ、この方が一般受けはいいだろうけど、やはりもう少しヘヴィサイドも塗してほしい。ラスト"I Don't Know What to Say"が一番気に入ってるので、ストリングス+アコギ・エレキ・楽器隊+エレクトロの曲がもう何曲か間にあれば良かったのにーと思います。

【The Atlantic / Evergrey】

The Atlantic - Evergrey


スウェーデンプログレメタルバンド11th。あまり積極的に聴くバンドではなかったんですが、これを機会にちゃんと聴いてみるかなあ。Vo.Tom Englundがバンドの核ですかね。Ray AlderがFates Warningと兼任してボーカルを務めていたバンドRedemptionの後任ボーカリストにもなりましたね。そちらでTomが気になったので、本家の方も。
コンセプトアルバムのようで統一感あり。ザクザク刻むリフと流麗なギターソロ、キーボードが印象的。Tomはハイトーン出すタイプではないけど中低音の響きが男らしくてカッコいいです。

【We / Gnash】

we - gnash


ラッパーのフルアルバムデビュー作。いかにもヒップホップ的な打ち込み感は苦手、というか未だにそのイメージが強くあって避けてるジャンルなんですが、なんて視野が狭いのだ。Gnashの今作品はメロウで平和的なトラックにラップやメロディを載せる感じで、余計な音の装飾もなく、ギターと最小限のキーボード、ビート。弾き語りに近い雰囲気の中でのんびり明朗に歌い上げてます。ジャケも曇り空の日にずっと眺めてたい。
"Feel Better"は徐々に盛り上がって、でもテンションは上がりきってない程々に抑えてるのがいい。ひとり冷静。おもしろーい。
過去のEPを調べるとピカチュウお面ジャケの『U』から始まり『Me』、『Us』ときて『We』なのね。Ed Sheeran方式ね。この界隈は、サンプリングなど含めて楽しみ方を少しずつ覚えたいところです。

【tomodati / tomodati】

tomodati - tomodati


1st。今年はこの手の音を脳に馴染ませてパリピになろうと画策してます。岡崎体育思い出した。名前はトモダティ呼びなのね。tiだもんね。インタビュー記事がありましたので載せておきます。
インタビュー:みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場 - CDJournal CDJ PUSH

【DNA / Backstreet Boys

DNA - Backstreet Boys


米ボーカルグループ6年振り9th。ここはメンバー脱退、復帰などはあるけど基本的に解散せずグループ活動がメインだね。Westlife、'N Sync、Take Thatなどのボーイズグループとこんがらがるけど、ただ『This Is Us('09)』まではそれなりに聴いてたよ。CDも中古で買ってた。中3でMTVばかり観てた時期です。俺はニック派。
チャラさはとっくに捨て去り大人の気品を感じる一作ですね。(三代目、聞いてるか?いや登坂くん(31)のメイクが気になるだけです。)ちなみに初期アルバムのトラックリスト見ると、むちゃくちゃタイトルが似たり寄ったりでややこしいことこの上ないっす。

【DAYS / the shes gone】

DAYS - the shes gone


東京を拠点に活動するロックバンド1stミニアルバム。擬人化したキノコがカラオケで歌って女が惚れる現象715062024回目。言い方悪いけど凡庸。凡庸さえ作れないお前が言うなって話ですが。この記事が辛辣に書いてました。影響元がダダ漏れのうちはパクリなのかな。そのまんまじゃねぇかwって笑いを取ってるからパロディかもしれん。
the shes goneとかclimbgrowとかパクリバンドが当たり前のようにプロになっていくこの流れはさすがにどうかしてる。 | DEEP DIVER

【細胞にノックする / プリメケロン】



北海道のピアノロックバンド2nd。初めて聴きました。癖のある歌い方とメロディ、素直にいかないところが気に入りました。女性ボーカルって馬鹿の一つ覚えみたいに高い声でストレートに音伸ばしとけって歌唱が多いので食傷気味、余程個性出ないと好きになれない。その点、元ちとせのような民謡チックでミステリアスな歌メロはバッチリ。でも北海道のバンドなんだね。ここまで書いて、あっ、と思い出したのはGO!GO!7188チリヌルヲワカのユウさん。バンドの音はあそこみたいなギターロックではないんだけど、歌い回しが似てるんじゃないかなあ。
"あなかしこ"、ダークなコーラスから跳ねるピアノが曲を先導していく。バッキングはポップでも、歌メロがそれを良しとしない。「しょうがないや」から始まるサビの気持ちよさ、コード進行を説明できないのがもどかしいのですが。メロディの当てはめ方が好み。次の"沈黙の夜"もやらしいし、"起きたら世界"のメロディもストロング。全編この感じだと途中少し胸焼け起こしそうになるってくらい癖が強い。笑 日本のクランベリーズとか言ったら見当違いかなぁ。

【Get Tragic / Blood Red Shoes

Get Tragic - Blood Red Shoes


オルタナロックデュオ5th。初めて知った、White Stripesとは逆なのね。女性ギターボーカルに男性ドラマーの組み合わせ。

【Heard It In A Past Life / Maggie Rogers】

Heard It In A Past Life - マギー・ロジャース


売れてるみたいじゃないの、どんなもんやろ枠。フォーキー、ポップで割にキャッチー。

【It Won/t Be Like This All the Time / The Twilight Sad】

It Won/t Be like This All the Time - The Twilight Sad


スコットランドのポストパンクバンド5th。初聴のバンド。The Cureあたりの英国ゴシックな感触が強い。シューゲイザー的でダーク。空間的な音作りも良い!ギターのアルペジオフレーズや冷たいシンセ、ドラムもThe SmithsNew OrderThe Killersの流れを汲んでる。冬に聴くべき作品だなー。"VTr""Let/s Get Lost"がフェイバリット。

怒涛の試験が終わり…

巻き舌という物です。

 

今日、詰め詰めの試験期間が終わりを迎えました。3日くらいオールで過労死ライン超えそうでした。さっき最後の試験終わったんですが、途中意識朦朧としてレポート的な試験だったのにまともな文章書けたか分かりません。散文詩書いた感覚です。

 

今週の新譜も、じっくり聴く時間がなく…ちょこちょこメモ取ってはいるんですが更新する時間がない…誰も見てないからいいんですよ(甘え)

 

再来週の火曜日まで繁忙期で水曜にははしご酒の予定なので、そしてDTの新譜も出る頃なので、死なずに生きます。以上

学習指導案…地元で教員になるなら地元の大学がいいか?

指導案を書くという作業 - ならずものになろう

 

国語科の教員ということで自分に繋がるものがあるかなと思い、普段から勝手に見させて頂いているブログにこんな記事がありました。

 

規準、基準に頭を悩ませたり、生徒観の記述に苦労した教育実習生の頃を思い出しました。そして、大学で作っていた指導案と体裁がかなり異なることも対応に苦慮しました。

 

俺は地元から少し離れて県外の大学に通っているので、教育方針や学習指導の形態も異なります。めちゃくちゃしごき回されて書いた指導案、それに倣い提示した模擬授業が、地元の母校での実習では役に立たないこともザラにあり。毎晩深夜3時頃までパソコンに向かって格闘してました。

 

所詮一学生なので細かいところまでは述べる専門的知識がないのですが、各都道府県の教育委員会によって求める教職員像も違いますし、どういった児童生徒を育てるか指針も変わってきます。これはHPでも確認して比較して頂いたら分かると思います。

 

一つ思うのは、一県集中型の教員養成はあまり良くないのかなーと。もちろん教職科目の「教職論」「教育課程論」「教育原理」といった普遍的な科目(これも指導教員によって幾分か差があると思われますが)は一律的な指導がされているはずなのですが、各科目の教育法になると、やはりその大学の地元の経験者が指導することもあるわけで。うちの場合は定年退職した元高校教員が外部講師として指導に来ていました。だからその県の傾向対策が重視され、その他はなおざりで自分で取り組むしかありませんでした。

教育学部だと、教授の専門指導はどこにいっても通用するようなものを教えてくれるのかもしれませんね。

 

これもどこで教員になるか、の意識により変わることなのかな。どこでもいい、とにかく教員になりたい!という人は恐らくそんなことを考えないはず。俺の場合は絶対地元に帰って教員をやるって考えだったので、他県の動向を知ってもなぁって感じでした。今思えばアホな話です。

 

教員養成専門の教育学部ではない、免許取得可能であるだけの学部にいるから感じることでもあるのかと思ってますので、選択肢を広げたいならば教員免許の取れる文学部なり、経済学部なりに行った方がいいのでは?と言っておきます。そして教員になるならば地元の大学がいいかな?とも。確実に、無難にいくなら、ですよ。

 

卒業前にして学校の先生になりたい呪縛から逃れようとしている素人の俺からのささやかなアドバイスでした。